君と僕握り締めた 二つの手の中で
産まれた光 今、放とう

琥珀色の夕焼けに染められた街は
悲しい光と影 映していた

いくつもの奇跡の糸
繋がって絡まって 辿り着いたよ
始めるのは 今、この場所から

雨のち晴れ あの雲になれ 今を泳いでゆく
その心 縛り付けてる 躊躇いふりほどいて
君と僕握り締めた 二つの手の中で
産まれた光 今、放とう

一つ二つ 夜を乗り越えてゆく
月のスポットライトに照らされながら

雲を縁取る蛍光が
ガラス細工君の心を 包み込んでく
ため息は 遠く空に消えた

雨のち晴れ あの雲になれ 今を泳いでゆく
目を閉じても疑っても メビウスジェットコースター
君の心映した空に やさしく風吹いて
赤い風 船飛んでいった

途方もない 険しい道の途中
辛くて苦しい旅路の果てには
誰一人、知るはずのない 光の世界

君と僕あの日の誓い 想像さえ越えてゆく
どこまでも繋がる日々を 眩しく照らし出すよ
春がくれば 始まり色さ 宇宙の果てまでも
消える事ない君の証 自由なその両手で
ここから また 始めよう

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s